梨本圭、2005年全日本選手権JSB&8耐参戦記念ブログ

カテゴリ:全日本選手権JSB( 34 )

2005年梨本圭JSBチャンレジ

2005年、梨本圭はケンツG‘ZOXスズキより、二輪国内最高峰クラスであるジャパンスーパーバイク選手権にフルエントリーいたしました。ここはその結果を掲載しているブログです。
シーズン中はほぼオンタイムで更新してきましたが、シーズンが終了したことで、ひとまずこのブログ更新も終了、今後は軌跡として残すことになりました。
2005年シーズン、梨本圭を応援してくださったすべての皆さんに、心から感謝いたします。おかげ様で、苦労しながらも非常に刺激的なシーズンを送ることが出来ました。よかったことも悪かったことも全部、今後の人生の糧になると強く信じて。

                                       2005年11月29日 梨本 圭

d0068449_1201867.jpg


チーム構成

母体チーム「ケンツスポーツ」
◆ チーム監督 川島賢三郎 
◆ ライダー 梨本圭
◆ マシン スズキGSXR1000K5(‘05)
◆ タイヤ ダンロップ



--------------------------------------------------------------------------------

レース全日程

大会名称 開催地

Rd:1 4月3日 全日本選手権 R1 美祢(山口県)

Rd:2 4月17日 全日本選手権 R2 鈴鹿(三重県)

Rd:3 5月15日 全日本選手権 R3 筑波(茨城県)

Rd:4 5月29日 全日本選手権 R4 オートポリス(大分県)

Rd:5 6月12日 スズカ300km 鈴鹿(三重県)

Rd:6 7月31日 スズカ8耐 鈴鹿(三重県)

Rd:7 8月28日 全日本選手権 R5 菅生(宮城県)

Rd:8 9月25日 全日本選手権 R6 鈴鹿(三重県)

Rd:9 10月16日 全日本選手権 R7 TI英田(岡山県)

Rd:10 10月30日 全日本選手権 R8 もてぎ(栃木県)


--------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク

スズキ株式会社
スズキレーシング
ダンロップ
アライヘルメット
南海部品

過去の日記は左バーよりお進み下さい。
[PR]
by kei74moto | 2005-11-29 12:11 | 全日本選手権JSB

本当に長い間、応援ありがとうございました。

 今年4月に開幕したジャパンスーパーバイク選手権。まさに突然の参戦でしたが、終わってみれば本当に短く、今まで以上にあっという間のシーズンとなりました。

 何も分からないまま始まった美祢での転倒、そのままの流れで戦うしかなかった鈴鹿と筑波、しかしようやく光明が見え始めたAP、その光明の正しさを証明した鈴鹿300km、さらに加速することが出来た鈴鹿8耐、そして苦しい戦いとなった菅生、鈴鹿、TI。結果だけを見れば大したものではないけれど、ただ一年間戦い続けた自分にとっては、どれも思い出深いレースとなっています。特にAP、鈴鹿300km、8耐、そしてその後の菅生、鈴鹿、TIは、非常に印象深いレースとなりました。

 最終戦の茂木は、それまでに学んだすべてのことを実践し、かつ「最後」だという強い意識をもって挑みました。テストからとにかく全力で走り続け、セットアップが出ていようがいまいが、ひたすら120%で走りました。結果は16位という成績でしたが、展開、そして自分の達成感としては、今期のベストレースのひとつだと思っています。ポイント獲得とかそういうレベルの話ではなく、自分の今までのレースに対する思いのすべてをぶつけて走りきることが出来たレースだったと思います。

 「梨本圭を走らせる!」という天下の大抜擢をしてくれた川島監督、ウルトラタイトなスケジュールで一年間ずっと走り続けてくれた土方大ちゃん、わがままなオレの要求に辛抱強くこたえ続けてくれたハルTの高橋さん、常にピットの中をクリーンにしてくれた米ちゃん、いつも彩りを忘れなかったハルナちゃん、素晴らしい絵を描き、さらにサポートまでしてくれた柴田夫妻、そしてケンツ応援団の皆さんにも、本当に感謝します。ありがとうございました。
 
 それと、今年様々な形でサポートをし続けてくれたスズキ関係者の皆さん、毎回セットアップアドバイスをしてくれた秋吉君(もちろん記念すべき初優勝を遂げる決勝直前にも、相談に乗ってくれました。秋吉君、マジにおめでとう!優勝祝いで飲みに行こうぜ!)、スズキ車の特性を分かりやすく教えてくれたウィンズの川瀬さん、時々引っ張ってくれたヨシムラの篤くん、鈴鹿で世話してくれたオーニシヒートマジックの大西くん、ありがとうございました。皆さんのお陰で「スズキでのはじめてのレース」を、死ぬほど楽しむことが出来ました。もちろん、他にお世話になったすべての他チームのレーサー、メカニック、関係者にも感謝します。

 また、今年のレースを走る上で多大なるサポートをしていただいた八重洲出版様、南海部品様をはじめ、スポンサー各社様、まことにありがとうございました。

 各サーキットで応援し続けくれたファンの方々にも感謝です。

 最後に、よかろうが悪かろうがどんな成績でも、また怒っていようが笑っていようがどんなときでもずっと応援し続けてくれた梨本塾応援団のみんな、そしてオレの個人的な友人たち、本当にありがとう。あの18メートル史上最強レベルのバカデカイ大団幕は、聖火のごとく毎戦サーキットに掲げられて、すごく力になりました。今ではあの大きさ以上のものが、オレの胸の中に宿っています。一生、シブイク。茂木に来てくれた70名の顔は、生涯忘れません。もちろん今後とも、よろしくね。


 梨本圭、2005年全日本選手権JSB&8耐参戦記念ブログ


 


d0068449_2131720.jpg

[PR]
by kei74moto | 2005-11-01 21:34 | 全日本選手権JSB

予選

難しいコンディション下、昨日午後からの悪い流れが消せず、ベストの54秒台すらマーク出来ず、無念の20番手でした。かなり必死になって走ったんだけど、今日は55秒台が精一杯でした。

明日は1000%でガッツリ行きます。応援よろしく!

Kei-74motor
[PR]
by kei74moto | 2005-10-29 21:31 | 全日本選手権JSB

アルタ走行会結果

午前に1.54.6とベストを更新しましたが、午後はセットがド外れし、タイムupできず。ポジションは16位でした。
なお、もてぎは朝晩10℃前後まで冷え込みます。

Kei-74motor
[PR]
by kei74moto | 2005-10-28 19:41 | 全日本選手権JSB

全日本最終戦「もてぎ」

d0068449_294192.jpg

今週末10月30日(日)は、今年4月3日美祢さーきっとから開幕した全日本スーパーバイク選手権の、最終戦です。
サーキットは得意なツインリンクもてぎ。ここまで培ったありとあらゆるノウハウを導入して、全開で勝負したいと思います。

ここまで応援してくれたみんな、そしてまだサーキットに来てないけど応援してくれてるみんな、今週はぜひもてぎまで足を伸ばして、力を貸してください。

悔いの残らないよう、最高のレースをしたいと思います。
[PR]
by kei74moto | 2005-10-25 02:11 | 全日本選手権JSB

Stand up

岡山まで応援に来てくれたみんな、本当にありがとう。

さてレースの方だけど、すでにご存知のように、予選は7番手、決勝は18番手というリザルトで終わりました。たぶんハタから見ていると「ああ、やっぱしドライは厳しいんだろうな」という感じだったと思うんだけど、自分の走りとしては今期の中でもかなり集中していい走りが出来たレースだった。タイヤも含め状況はけして優しいものではなかったけど、でも鈴鹿以降トライしたことが僅かながら身を結んで、順位はともかく、自分では納得できたのがよかった。22ラップ目がベストラップという、最後まで諦めることなく全開でトライできたレースだった(ナグたん、川瀬さん、八木君に離されたのは悔しかったけど)。

最近感じるのは「岡山は11年ぶり」「菅生は7年ぶり」とかいうことが、ほとんど関係なくなってきたということ。だいたいどのコースでも走り出して5周もすれば、決勝レースラップのアベレージタイムくらいはマーク出来るようになった。レースを戦う場合「問題はそこから」つまり、さらにレベルアップを狙って諸々のセットアップを進めていかなくちゃならないんだけど、まあそこに話を戻すと面白くないので、ここであえて個人レベルの推移ということで考えてみると、要点は「いつ頃からそういう感覚になったのか」ということだ。

初ポイントを獲得したAP、13位でゴールした鈴鹿300kmあたりで、ようやく「K5」の前後アクスルシャフト突端間、クランクシャフトとアクセレレーションの関係にまで神経が到達した感じがあった。ただそれを的確に動かすための重心位置や操舵タイミングにはまだ自信がなかった。

ターニングポイントは、秋吉君に大幅にセットアップを改良してもらい、8耐直前に鈴鹿で13秒台をマークするようになってから。それまで大きな大きな壁だった「14秒」と「13秒」の間には、具体的に「これだ」という要因がなく、あくまで微細なリズム感の総意とでもいうような、僅かな差異に気付けたこと。これは明日夜までに20P分くらいの原稿を抱えている今書き出せるようなシンプルなものではないんだけど、分かりやすく例えると「難解な流れの中に身をおき続けたことで、流れを理解する前にいつの間にか自分もその流れの一端を担うリズム感を得ていた」という感じかな(う~む分かりにくい・・・)

「久しぶりに走るから」というエクスキューズは社交辞令以外の何物でもないな、というのが今回の岡山でもよく分かった。やはりレベルの高いレース界に居続けることでしかけして養われることがない感覚というものがあるんだな、と強く感じた。

「ピットから出て行って、1コーナーでマシンの状態が大体分かる」
というようなことを秋吉君とよく話していたんだけど、俺は例えばトミンで市販車をテストするときにはこれで本当に分かる。ただJSB乗り始めの頃は、いいのか悪いのかサッパリ分からなかった。それが今では、1周すれば大体分かるようになった。あえてレース結果を無視して自分のスキルレベル推移という観点から見れば、これはこれで面白い現象だと思う。

最終戦は、その総体をぶつけて挑むつもり。とにかくやれることはすべてやって、今の自分のレベルで妥協のないマシンを作り上げて勝負してやる、と思ってます。

みんな、アソビに来てくれよ!
[PR]
by kei74moto | 2005-10-17 21:12 | 全日本選手権JSB

予選は

d0068449_19164817.jpg

七番手でした。明日は二列目からのスタートとなります。うひゃー後ろにゃあんな人やこんな人だらけ…ひとまず応援ヨロシク!

Kei-74motor
[PR]
by kei74moto | 2005-10-15 19:16 | 全日本選手権JSB

フリー結果

d0068449_1628763.jpg

午前ドライ
1.34.181
16番手
午後ウェット
1.42.639
8番手
でした。まだドライが煮詰まってないから、晴れで走りたいです。写真は一足お先に見れたR6。跨りましたが、かなりよさ気。かっこいい!
Kei-74motor
[PR]
by kei74moto | 2005-10-14 16:28 | 全日本選手権JSB

岡山国際に着きました

d0068449_1775239.jpg

今日は東京より暑いですね。ただ朝晩はかなり冷え込むので、応援に来られる方はしっかり上着を持参して下さい。さてマシンの方はそこそこ大掛りな改変をしました。吉と出ることを祈りつつ…
Kei-74motor
[PR]
by kei74moto | 2005-10-13 17:07 | 全日本選手権JSB

岡山国際テスト終了

2日目は好天に恵まれました。が、タイムは思ったほど伸びず。
午前1分34秒8、午後1分34秒7。
トップは恐らく秋吉君で、彼が30秒台ラップを重ねていることを考えると、このタイムは遅すぎ。
もてぎで試して好成果を上げたソフトが、岡山ではまったく逆の方向に出てしまい、走行時間も少なかったこともあって、効率的にセッティングを進めることが出来なかった。かなりシビアなコントロールを求められる領域に突入している感じ。

来週本番はアタマを切り替えて挑みます。

あ、釣りをしている時間はありませんでした・・・。残念!
[PR]
by kei74moto | 2005-10-07 10:19 | 全日本選手権JSB