梨本圭、2005年全日本選手権JSB&8耐参戦記念ブログ

2005年 09月 26日 ( 1 )

応援ありがとう。

梨本塾生をはじめ、鈴鹿に応援に来てくれたみんな、本当にありがとう。当日の追い風以上に力になりました。(いや、あの強風はちょっとシャレにならんくらい手ごわかったのですが・・・)

今回は予選でもタイムが悪くなかったので、決勝では菅生以降抱えているちょっとした問題を解消できるかどうかがポイントだったんだけど、ん~まだうまい方向にいかなかった。スタッフも必死に対応しているし、オレも一生懸命走ったんだけど、ほとんど何も出来ずに終わってしまった。スタート後の3コーナーで「あ、これは無理っぽいな」というのを感じてしまって、結局その通りになっちゃった。恐らく同じタイヤで挑んだ八木選手、名倉選手にまず離されて、その後はビートの西嶋選手と絡む展開に終始した。まあベストラップが予選より2秒も遅いんじゃ、厳しいよね。

実にたくさんのマテリアルで構成されているJSBだけど、それらすべてを完璧に揃える、なんてのはほぼ無理に等しくて、やはりそれぞれベターなものをチョイスしていくしかないんだけど、その組み合わせがうまくいっていないかな。タイヤ、サスペンション、マシンパッケージ、オレの乗り方、etc....そういうものすべての効率的な組み合わせを構築しないと、ほとんど勝負できないね。次の岡山までにはなんとかバランスさせたいと思うんだけど。

そうそう、我がスペシャルアドバイザーの秋吉君。最初はトップを走ったそうだね。スゴイ!8年ぶりの全日本でしょ?大快挙だよなあ。予選結果は、同じレーサーとしてというよりも、友達として痛快だった。ホンダとブリジストンばっかじゃさ、やっぱレースは盛り上がらないよね。なんでもそうだけど、常にカウンターが存在しなくちゃ。決勝後、本人は順位的には不満足だったみたいだけど、オレはきちんとゴールしてエライと思った。きっとこのゴールから、彼の第二のレース人生がスタートするはずだ。

さて、ちょっと早い誕生日プレゼントをくれた方々、写真をくれた方々、「来年の8耐も期待してます」と言ってくれた方々、その他ピットウォークでいろいろと声をかけてくれた方々、本当にありがとうございました。オレにとって、やはり鈴鹿は格別なんで、なんとしてでも結果を残したかったんだけど・・・マジに悔しいです。また機会があれば、ぜひサーキットに足をお運びください。

昨日決勝終了後に東京へ移動、深夜着で明日は筑波サーキットのドライバースタンド走行会講師&イントラ、木曜日はもてぎテストです。そう、振り返る時間なんて、一切ありません。引き続き応援よろしく!
[PR]
by kei74moto | 2005-09-26 20:28 | 全日本選手権JSB