梨本圭、2005年全日本選手権JSB&8耐参戦記念ブログ

2005年 06月 08日 ( 5 )

土曜日終了後。

必ずサウナに行くぞ(メモです)。
[PR]
by kei74moto | 2005-06-08 11:26 | 鈴鹿300km情報

梨本塾とは?

梨本塾とは、自分が主催しているバイクスクールです。
バイクスクールというとかたっくるしい感じですが、要は「あの頃、船館や夢の島を走っていたような感覚で楽しめる時間と場所を作りたい」ってはじめたもの。
毎月1回ペースでやって、早5年。延べ人数で言えば2000以上の人の走りを見たことになります。
色々な人の助けや、愉快な参加者にも恵まれて、昨年夏前後から大盛況となり、現在は参加申し込みも難しいくらいの状況ですが、主催者としては毎回「なんとかバイクで楽しんでもらおう」と必死こいてやってます。

写真は今月5日、45名が参加したときの記念写真。
詳細は本家HPにて。
http://kei74moto.client.jp/
d0068449_9412631.jpg

[PR]
by kei74moto | 2005-06-08 09:41 | 梨本塾情報

300kmタイムスケジュール

6月11日(土)

8:00~11:15 特別スポーツ走行(40minx2xA,Bクラス)

11:25~12:00 ピットウォーク

12:15~13:50 公式予選①(A,B)

15:00~16:35 公式予選②(A.B)

6月12日(日)

8:45~9:15  warm up

10:10~11:40 ピットウォーク

12:00 スタート進行

12:40 鈴鹿300kmスタート
[PR]
by kei74moto | 2005-06-08 00:35 | 鈴鹿300km情報

鈴鹿8耐①

6月1日発売の月刊モーターサイクリストにペアライダーの情報が載っています。
あくまでヒントなんだけど、見ればすぐ分かるかな。ひとまずこのペアライダーとのコミュニケイションも大変で・・・。こういうのも全部ひっくるめて、楽しんでます。
[PR]
by kei74moto | 2005-06-08 00:29 | 鈴鹿8耐情報

鈴鹿300kmに向けて

「マジで一人で走んの!?」

鈴鹿300kmの話題になるたびに、そんなことを言われる。
色々な計画はあったんだけど、それらすべてがぶっ飛んだというかなんというか、まあとにかく一人で走ることになった。

「フルマラソン完走してるんだから、大丈夫ですよね」

と優しい言葉をかけてくれたのは、ヨシムラのあっちゃんかモトマップの今野君か。
「マラソンとスズカ300キロじゃ、比較にならねえだろ」
なんてことは彼らもよく知っているはずなので、とにかくオジさんを慰めてくれたのだ。

しかし去年は北川さんも一人で走破しているし(いや、300kmもの間、勝負し続けた、と言った方がきっと正確だ)、今年はオレより年上の川瀬さん(WINS)や大西ヒートマジック(タメ歳)なんかも「フル」で走る予定なので「まあなんとかなるやろ」ってほどイージーではないにせよ、なとかしやなあかん(鈴鹿弁)。

そのためにはメンタル、フィジカル他、色々と準備が必要なわけだけど、レース以外にも色々とやらなければならないことが山積していて、なかなか思うように準備時間が取れない。

その中でも頭を悩ませているのが「給水方法」。マラソンならポイントごとに神様みたいなボランティアの人たちが「頑張って~」と、清涼飲料水を渡してくれるのだが、もしも鈴鹿の130Rにそんな殊勝な人がいても、轢き殺されてオシマイだ。つまり、一度出発したら、マシンに必要な要件でしかピットインは許されない。毎度の事ながら、これは本当に孤独な世界だと思う。

8耐決勝中などの給水方法はいくつかあるが、メジャーなのは背中にバックを背負って、そこからホースを伸ばし、途中にメインジェットやら(マジだよ)ワンウェイバルブやらを仕込んでメットまで伸ばし、それを咥えて走る、というもの。
そう、あなたの想像通り、これが加圧されたラムエアのごとく、1コーナー進入(280km)とかで「噴出」してしまうことがある。つまり空気抵抗やライディングフォームによって加圧されたタンクヤバックから、望んでもいない内容物が勢いよく駆け上がってきてしまうのだ。

溺れる。
真夏の、炎天下のアスファルトジャングルで、溺れる。フルブレーキング中なので280kmから180kmくらいにまでは減速しているはずだが、それにしてもそのタイミニグで、ヘルメット内側シールドに「ドババッ」と水が噴出したら、フレディでもドゥーハンでもビビるだろう。
オレは過去にそういうことを何度もやってしまったので、今回はまずそのセットアップをきちんと出すことが先決。そのために東急ハンズに出向いて、物知りそうでそうでもない店員さんに色々聞いて、現在も工作中。果たして週末に間に合うだろうか?
[PR]
by kei74moto | 2005-06-08 00:02 | 鈴鹿300km情報